学校情報

日野市立潤徳小学校
〒191-0031
東京都日野市高幡402
TEL:042-591-0409
FAX:042-591-0410
 

Netモラル(保護者向け)

事例で学ぶ Netモラル

 

カウンタ

COUNTER653650

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
QRコード
 

サイト内検索

過去認定状況

学校情報化優良校

(2016年4月から2018年3月まで)
 
校長あいさつ
 
校長あいさつ
1234
2019/07/19

楽しく充実した夏休みに

| by:admin
          「楽しく充実した夏休みに」

                                                         校長 竹山弘

本日、1学期の終業式を迎え、明日から37日間の夏休みが始まります。この長い休みを楽しく充実したものにするために、子供たちには目標をもって頑張ってほしいと思います。ご家庭におかれましては、自由研究、観察記録、工作、スポーツ、旅行、作文、漢字や計算練習、全集読破、寄留・・・等々、子供に計画を立てさせ、挑戦させてみてはいかがでしょうか。また、地域で計画されているラジオ体操やお祭りなどの行事にも参加して、地域社会の一員としての自覚を高めたり人間関係を広げたりしてほしいと思います。

夏休みは、主体的な生活者としての力を養う機会でもあります。先ずは、基本的生活習慣を心掛けるとともに、交通事故や水の事故、熱中症、不審者などに注意し、自分の命や健康は自分で守る力を身に付けてほしいと思います。また、万引きや火遊び、危険な遊びなどをしないように、自分を律する心をもつことも大切です。さらに、大地震や水害などの非常時における避難方法について、ご家庭での約束ごとを確認しておくことも必要だと思います。

地域や保護者の皆様方には、1学期中に学校の教育活動にご理解ご協力をいただきありがとうございました。厚く御礼申し上げます。夏休みに、全ての子供たちが安心・安全な環境で有意義な体験や生活をして、8月26日の2学期始業式には、一段とたくましく成長した姿で学校に戻ってこられますように、地域や保護者の皆様方のご協力、どうぞよろしくお願い申し上げます。<学校だより 夏休み号抜粋>

 


13:58 | 投票する | 投票数(6)
2019/06/04

軌道に乗せる

| by:admin
      「軌道に乗せる」  
                                                    
             校長 竹山 弘志

 昨年の猛暑を彷彿させるような天気が続いていますが、6月に入り梅雨の時期を迎えました。大雨が降ったときに大池のようになる本校の校庭は、子供たちにとっては大変魅力があるようで、長靴を履いた子供たちが水際に近づいて遊ぶ姿が見られます.

新学期が始まり2ヶ月が過ぎました。この間、子供たちは入学や進級に伴う学習や友達、環境などの大きな変化にも慣れて、今の学年にふさわしい活動ができるようになってきています。特に、1年生に対しては、6年生が登校時に玄関で出迎えたり、休み時間に一緒に遊んだりして、学校で安心して楽しく過ごせるようにしてくれています。他学年でも、子供たち同士が挨拶したり下の学年にやさしく接したりする場面を多く見かけます。今年度は、縦割り班活動の回数を増やしましたので、異学年と交流する機会を活用して友達の輪を広げ、よりよい人間関係を築いてほしいと思います。また、この間の大きな行事としては、1・2学年(多摩動物公園)と3・4学年(府中郷土の森)の2学年合同遠足、5学年の八ヶ岳移動教室などが終わり、6学年の日光移動教室を今月13日に控えているところです。

さて、第3次日野市学校教育基本構想「日野市 未来に向けた学びと育ちの基本構想」(20019~2023年度)には、子供たちが自ら育んでほしい力を『すべての“いのち”がよろこびあふれる未来をつくっていく力』と掲げています。そして「みんなで対話をしながらつくりあげていく 学び合い育ち合い ひのわくわくムーブメント」として、①みんなでつくっていきます ②みんなができることからはじめます ③みんなで責任をもちます ④みんなでゆっくり進みます を方針にし、「一律一斉の学びから自分に合った多様な学びと学び方へ、自分たちで考え 語り合いながら生み出す学び合いと活動へ」が示されています。(詳細は、524日に全児童に配布したリーフレットをご覧ください。) これらから、これまでのような具体的な目標や到達点などは示さずに、子供、学校、家庭、地域の対話の中から、新たな学びの環境を創造していこうとする方向性が伺えます。本校では、学校経営の柱としている「児童が楽しく学び、生きる力が育つ学校」「職員が教育力を十分に発揮できる学校」「家庭・地域と共に創る学校」を基盤にして、基本構想に沿った学校を、皆さんの協力や参加(対話等)を得ながら実現していきたいと思います。

6月は屋内で過ごす日が多くなりがちですが、落ち着いて学習や読書ができる月でもあります。子供たちには、学習や遊び、健康などの生活習慣を安定させて、自分の目標に向かう軌道に乗せてほしいと思います。21日(金)に学校公開、22日(土)に学校公開・セーフティ教室・学校説明会を計画しています。保護者や地域の皆様方には、学校での子供たちの様子をご覧いただき、ご助言やご示唆等をいただければ幸いです。また、交通事故や水の事故、熱中症など、子供たちの安全や健康には、家庭や地域等においてもご配慮くださいますようお願い申し上げます。(学校だより6月号 抜粋)


15:08 | 投票する | 投票数(8)
2019/04/12

新たな時代

| by:admin

                                      
「新たな時代」
              校長 
竹山 弘

桜も満開の41日に、新元号「令和」が発表され、新たな時代の訪れを感じさせられました。

4月は、新入生や新社会人などにとっては、未知の世界で活動を始める時であり、多くの人にとっても、年度替わりの慌ただしい時期であります。本校では、48日に平成最後の始業式と入学式を行い、教育活動が本格的に始動しました。

本校に入学された新1年生134名の保護者の皆様には、「お子様の小学校ご入学 おめでとうございます。」9年間の義務教育の一日目が本日スタートしました。

2年生から6年生の保護者の皆様には、「お子様のご進級 おめでとうございます。」子供たちにとって、4月は学年が上がりクラス替えや担任交代などがあり、環境が大きく変化する時です。この変化を、自分の新たな面を発見したり、人間関係を広げたりするチャンスにして、よりよい成長へとつなげてほしいと思います。

さて、日野市は新たに「日野市未来に向けた学びと育ちの基本構想」を示しました。そこには、「すべての“いのち”がよろこびあふれる未来をつくっていく力」を掲げています。そして「みんなで対話をしながらつくりあげていく 学び合い育ち合いひの わくわくムーブメント」として、★みんなでつくっていきます ★みんなができることからはじめます ★みんなで責任をもちます ★みんなでゆっくり進みます を方針にし、一律一斉の学びから 自分に合った 多様な学びと学び方へ  自分たちで考え 語り合いながら生み出す学び合いと活動へと、具体的な内容も示されています。これらを受けて、本校では子供を中心におき、一人一人の夢や発想などを大事にして、主体的に学び、生きる力が育つ教育を目指します。

 

本校の教育目標
< 敬愛  自由  勤労 >

 ◎考える子  〇はたらく子  〇心ゆたかな子 〇健康な子

本校の教職員は、教育目標の達成に向けて、子供たちが自ら学ぶ力を培い、社会性を高め、健全な心と体を育むことができるように教育活動を展開します特別支援教育においては、特別支援教室(ステップ教室)やリソースルームの等で、個に応じた指導の充実を図ります。また、スクールカウンセラーによる子供や保護者の教育相談を実施したり、日野市発達・教育支援センター(エール)、子ども家庭支援センター等の関係機関とも連携したりして、個々に合わせた対応を講じます。

本年度も全教職員の協働で、子供一人一人が楽しく学び、いじめや大きな事故のない安全で充実した学校生活が送れる教育環境を築いていきたいと考えています。子供たちの環境が、さらに安心安全で、楽しく活動しながらよりよく成長できる学校や家庭、地域になりますように、保護者や地域、関係機関の皆様方には、ご理解・ご協力どうぞよろしくお願い申し上げます。 <学校だより4月号抜粋>


09:35 | 投票する | 投票数(9)
2019/03/01

次のステップへ

| by:admin

   「次のステップへ」
                                    
校長 竹山弘

梅の開花に続き、桜の蕾も膨らみ始めてきました。地中から姿を現す草花や樹木の芽を見かけると、生命の息吹を感じ、本格的な春の訪れが近いことが分かります。

先日実施した「浅川を走ろう(持久走大会)」では、早春の日差しの中、たくさんの保護者や地域の方々のご声援をいただきながら、子供たちは元気よく浅川の堤防を走りました。子供たちは、自分のペースを保ちながらも全力でゴールまで駆け抜け、走り終えた後にはとても満足げな顔を見せてくれました。また、6年生27名は、日野市ロープジャンプ大会に参加して、数か月にわたり早朝練習した成果を発揮しました。これらの活躍を見ると、この1年間に子供一人一人が逞しくなったことや友達と協力して力を発揮する集団力が強まったことを実感させられます。しかし、3月末の修了式(22日)や卒業式(25日)が間近に迫ってきています。これからの残りの日々は、1~5年生は進級、6年生は中学校進学のことをそれぞれが真剣に考えて、次に備える時期です。子供たちには、今年度のまとめを行い、今の学年でやるべきことや身に付けるべきことなどをしっかり確認させ、修了式や卒業式を迎えさせます。そして、4月には、希望や自信をもって進級・進学ができるようにさせたいと考えています。

学校では、新年度に向けて、新学習指導要領(文部科学省)や日野市第三次教育基本構想(未来に向けた学びと育ちの基本構想)を基盤にした教育計画を作成しています。それらには、これからの時代に求められる学びの姿「主体的・対話的で深い学び」や「みんなで対話をしながらつくりあげていく学び合い育ち合い」等の方針が示されています。この方針を受けて、本校では、これまでの教育活動を振り返り、改善点を確認しながら来年度の準備を進めています。特に、主体的な学び・人と人とのかかわり(対話)・学びの場(地域)等を重視していきます。また、学校運営連絡協議会や保護者の皆様方などからいただいた学校評価や各種行事のアンケート等も参考にさせていただきます。

さて、東日本大震災の8回目の「3.11」が近づいています。日本では、毎年のように各地で大地震が発生して大きな被害が出ています。直近では昨年9月に北海道胆振東部地震が発生し、2月21日にも同じ場所で震度6弱の地震が発生したというニュースが流れました。私たちは、人間の力を超越した力をもつ大自然への畏敬の念をもつと共に、もし自分の住んでいる地域で自然災害が発生した場合のことを想定した備えをしておくことが必要です。学校では、「3.11児童集会」や「非常食を食べる日(給食)」などを毎年実施して、子供への意識付けをしています。また、被災地の方へ思いを馳せて、プログラム委員会(代表委員会)が自主的に募金活動を行い、北海道の被災地への寄付を行いました。ご家庭におかれましても、大震災等の自然災害が発生した時の対応について、家族全員の避難方法や避難場所などの確認事・約束事などを話し合っておく必要があるのではないかと思います。

結びに、保護者や地域の皆様方には、この1年間、本校の教育活動にご理解・ご協力賜り、誠にありがとうございました。今後とも、子供たちがこの地域でのびのびと活動し、心身ともによりよく成長できますように、温かくお見守りくださいますよう重ねてお願い申し上げます。

<学校だより3月号より>
11:41 | 投票する | 投票数(11)
2018/07/20

地域に散らばる子供たち(夏休み)

| by:admin
  地域に散らばる子供たち
                          校長 竹山 弘志

本日、1学期の終業式を迎えました。
(終業式は、猛暑による児童の健康への影響を考慮し、児童を空調設備のある教室に留め置き、全館放送にて実施しました。)
 私は4月の始業式で、子供たちに頑張ってほしいこととして「①自分の目標をしっかりもつこと」「②自分から進んで行動すること」「③いじめは許さない」の3つを話しました。これらが学校全体でどの程度達成されているかを私自身の反省項目の一つとしています。ご家庭でも、お子さんが1学期に成長したところやこれからの課題などについて、通知表や個人面談、家庭訪問などでの話題等を参考にしながら、新たな目標などについて話し合っていただければ幸いです。

さて、明日から37日間の夏休みが始まります。この長い休みを価値あるものにするために、子供たちには目標をもって頑張ってほしいと思います。例えば、自由研究、観察記録、工作、スポーツ、旅行、作文、漢字や計算練習、全集読破、寄留・・・等々、自分で計画を立て最後までやり遂げてみてはいかがでしょうか。夏休み中に、学校ではプール指導と夏季教室を6日間行います。また、「夏休みこだわりランチ(2回)」や「なつひの(夏休み子ども教室)」が日野市の主催で行われます。その他、地域で計画されているラジオ体操やお祭りなどの行事にも参加して、地域社会の一員としての自覚を高めたり人間関係を広げたりしてほしいと思います。

また、夏休み中は基本的生活習慣を心掛けるとともに、交通事故や水の事故、熱中症、不審者などに注意し、自分の命や健康は自分で守る力を身に付けてほしいと思います。地震や水害などの地域での防災訓練への参加や非常時におけるご家庭での約束ごとの確認などを行うことも必要だと思います。

地域や保護者の皆様方には、1学期中に学校の教育活動にご理解ご協力をいただきありがとうございました。厚く御礼申し上げます。夏休みには、子供たちが地域に散らばり、それぞれが思い思いに行動します。全ての子供たちが安心・安全な環境で有意義な体験や生活をして、8月27日の2学期始業式には、一段とたくましく成長した姿で学校に戻ってこられますように、地域や保護者の皆様方のご協力、どうぞよろしくお願い申し上げます。<学校だより(夏休み号) 抜粋>


10:37 | 投票する | 投票数(15)
1234